こんなキッチンデザインなら、快適に料理ができます

ライフスタイルに応じてキッチンデザインを思い描く

使い勝手がいいキッチンとはどのようなものでしょうか?
それは、その人にあったライフスタイルで快適に料理が出来るというものです。
他の方が使い勝手がいいキッチンでも、その人にとっては使いにくいということがありますから、まず自分のライフスタイルにあわせてどのようなキッチンで料理をしたいかということが、大事なポイントです。
お子様が小さい頃は、リビングで遊ぶお子様の様子を見ながら料理をするオープンなカウンターキッチン、お友だちと一緒にわいわい料理を作りたいということなら、出入りの楽なアイランド型のキッチン、逆に料理をしている様子や後片づけが後回しで舞台裏を見られたくないということなら、リビングダイニングから独立したキッチンがおすすめです。

収納も大事なポイント

ライフスタイルに応じてキッチンデザインを思い描いたら、今度は家全体に調和するキッチンの色やどのような機能を加えるかということも考えてみましょう。
今は浄水器を内蔵したり、ディスポーザーを流しに設置したり、食器洗い機をビルトインしたりと必要な機能を選んだり、蛇口一つでも隅々まで洗えるシャワー型を選ぶことも出来ます。こうしたものは、日々の家事の負担を軽減してくれます。
また、炊飯器や冷蔵庫・オーブンレンジの置き場所、フードプロセッサーやミキサー、コーヒーメーカーなど手持ちの細々とした機械の設置場所や、電源はどこからとるかなど意外と見落としがちですが、台所の使い勝手はこうした日々使う家電製品をどこに置くかで家事動線が随分違ってきますから、具体的にイメージしてみましょう。
スパイスや調味料類などの収納場所も、大切なポイントです。
調理台に近くさっと使え、どこに何があるのか分かるような収納は快適に料理するためには欠かせません。

狭小住宅とは一般的に15坪以下の土地に建てられた住宅をいいますが、工夫次第で快適な居住空間を実現できます。例えば、部屋を細かく区切らない、吹き抜けや天窓で開放感を演出するなどです。

© Copyright Interior Stories. All Rights Reserved.