納得できる土地選びのポイント

日当たりの良さで選ぶ注文住宅用の土地

注文住宅のマイホームを建てるため、まずは土地を探す必要があります。土地は建物の基礎となる部分であるだけに、慎重に選ばなければならないものです。納得できる土地選びのため重要な点は、日当たりの良さです。
場所によっては、地形や周辺の建造物の影響を受けて、日光があまり届かない場所が存在します。そのような土地にマイホームを建てた場合、洗濯物が乾かなかったりあるいは観葉植物や家庭菜園の野菜がうまく育たないなどの問題が生じます。そこで注文住宅を建てるための土地選びではマイホームの候補地に足しげく通って、日当たりの状況について自らの目で確かめるのが確実です。また季節によっても日当たりの状況は変わるため注意を要します。

マイホームを建てるなら地盤の強い土地を選択

注文住宅を建てる土地は、できるだけ強固な地盤を持った方が有利です。特に三階建てなど高い階層を持つ注文住宅を建てる場合には、土地への荷重が大きくなり地盤への影響が心配になります。
土地によっては地下水などの影響により地盤が緩いため、重量のある建物をその上に建設すると歪みや傾きが生じるリスクがあります。そこで土地の性質を事前によく調査し、マイホームにとってふさわしい強固さを持った土地を探さなければなりません。もし気に入った土地の地盤が弱く、設計した注文住宅を建てるのにあまり適していない場合には、地盤改良の工事を必要とします。実際に建物を建てる前に、土地の性質を見極めてできる対策を行う必要があります。

SE工法とは、構造計算を取り入れ、強度と均一性のある高精度集成材と金物を使用した木材建築技術のことです。

© Copyright Interior Stories. All Rights Reserved.