注文住宅の空間の上手な演出方法

開放感ある高天井で注文住宅の空間を演出

注文住宅は、家づくりで細部までこだわって設計ができるメリットを持ちます。せっかくマイホームを建てるのであれば、空間の演出にも強いこだわりを持って凝ってみる価値があります。
空間の演出手法には、高天井を取り入れる選択肢があります。高天井は通常の部屋よりも高い天井を部屋に採用したもので、解放感があるのが大きな特徴です。広々とした空間で暮らすのは大変気持ちが良く、開放的な気分になれる点に魅力があります。窮屈な家に暮らすよりは、いつも広々とした空間で暮らした方が贅沢感が感じられます。ただし天井をあまりに高くするとコストが掛かるため、空間の広さとコストのバランスを上手に考えながら注文住宅の設計を考える必要が出てきます。

間接照明を使って演出できる部屋の雰囲気

照明の方法を工夫すると、注文住宅の部屋の演出に活かせます。例えば照明を使った雰囲気のある演出方法には、間接照明を使った手法があります。間接照明は直接的に部屋を照らすわけではなく、壁や天井などに光を反射させて柔らかい光を演出する手法にあたります。間接照明はムードの感じられる部屋の演出に高い効果があり、通常の照明方法とは一味変わった部屋の雰囲気が楽しめます。
間接照明で注文住宅の空間を演出するには、光の効果を熟知していなければなりません。間接的な照明による部屋の演出計画を立てた上で、さらに照明を設置する場所へ電気工事を実施する必要があります。間接照明を施工する前に光の様子を観察した方が、効果を確かめられてより確実です。

物件選びには、まずそれぞれいいと思う条件があります。住む場所、値段、広さですが、一番重要なのは間取りで、住む人数や生活の中心をどこの場所に置くかで変わってきます。よく検討して選びたいです。

© Copyright Interior Stories. All Rights Reserved.