おしゃれで実用性のあるインテリアのコツとは?

そもそもインテリアとは?

「インテリア」という言葉は知っていても、どういうものかを説明できる方は少ないのではないでしょうか?インテリアとは室内装飾全般のことを意味します。カーテンや壁紙、床、家具や照明器具、和室では和室の襖や障子、欄間などが含まれます。基準が明確でないため家電や什器などもインテリアと呼ばれることもあります。
インテリアは北欧スタイルやシンプル、ナチュラルなどスタイルも様々あります。その中で自分が気に入ったスタイルで居心地の良い空間を作ることがインテリアに実用性を持たせることになります。そのためには家や部屋の中の空間に合わせて家具の大きさや配置をするなどの、空間を調和させることがポイントになります。そこに住まう人が心地良いと感じる空間をインテリアで作り出しています。

居心地の良い空間を作る

テーブルなどの家具を見に行って気にいって購入しても、実際に部屋に置くと違和感を覚えたという経験はないでしょうか?家具選びは他の家具や内装との調和が大事です。テーブルひとつとっても、大きさや素材、色合いで部屋の雰囲気は大きく違ってきます。
家具など大がかりなものでなくても観葉植物を利用して部屋の中のアクセントにしてみたり、ラグを敷いてみるなどワンポイントで部屋の中はおしゃれなイメージに生まれ変わります。どんなに素晴らしいインテリアの空間でも、心地良く生活できなければ実用性があるとはいい難いです。ちょっとしたアイデアでインテリアはおしゃれにも機能的にもなり居心地の良い空間を作ることができるのです。家具や雑貨、レイアウトなどを組み合わせて実用性のあるインテリアで理想の空間を作ってみませんか?

建築デザインで、感性が活かされて、とてもこだわりの内装が仕上がります。材質などにも満足感があります。

© Copyright Interior Stories. All Rights Reserved.